エセ弁護士の悪事(暴露・証明された事実)-2 <メール>

この間から、ご心配をおかけいたしまして、どうも申し訳ございません。 体調の方は何とか、裁判まで2ヶ月空きましたのもありますから、だいぶ具合は安定して まいりまして、大量の書類も...裁判前に、とりあえずは用意できました。 9/2からかかって・・・ようやく、12枚にわたるPC入力による裁判用資料が、なんとか自力で できあが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エセ弁護士の悪事 - 紹介者あてメール内容

このたびの離婚訴訟でのお話ですが、○○さんから、せっかくのご紹介いただいた U弁護士にあたっての件で、ちょっと、私も信じがたいことがありまして、これは精神科 の主治医にも確認してもらったのですが・・・。 正直いいますと、もう裁判も後半にさしかかり、弁護士の仕事の状況を、扶助協会に 申し立てて解任とするわけにもいかず、ずっとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい加減、つかれた・・・

裁判てな・・・結局、弁護士同士の権力争い、そして、裁判官の勝手な判断で決まる。 「反訴」をおこして、すでに原告となってる私を無視して、なんと、勝手に裁判が進行していた。 しかも、この私が出廷しているにもかかわらず、弁護士からの事後承諾で・・・ こっちが結果をきけば、もうすでに、私の知らないところで、私が今の住処を引っ越して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

離婚裁判は男のためにある「宗教裁判」?-2

原告である旦那は、自分が都合わるいもんだから、裁判所の呼び出しの時にしか顔を出さないし、回からは、「和解」が決裂したため、こっちから「反訴」を起こすことにしたが、どうなったのかを知りたかったらしく、「金がない」と言い張るくせに、なんと”私服”で裁判所に朝から来やがった! (つまり、お仕事、お休みしたわけね?ばかやねーと思ったんだろう、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

離婚訴訟は男のためにある「宗教裁判」?-1

あたしは、病気の身でありながら、「被告」として、旦那から、昨年11月に告訴され、離婚に追込まれている。 はっきりいって、いくら考えても、あたしに落ち度はまったくない!!! 現在通っている病院の主治医や、そのほかの病院にも何カ所か行ったことがあるが(入院までした)「旦那さん(ご主人)が悪いね」と、すべての医者が断言。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more